矯正治療ORTHODONTIC

赤坂バンデ歯科・矯正歯科の矯正に特化した技術と設備

男性二人

当院は綺麗な歯並びと噛み合わせを考えた歯列矯正で“人生最高の笑顔”にすることをコンセプトに、
“数多くの歯列矯正症例を経験した”歯科医師がチームに携わり、精密な噛み合わせを考えた評判の高い矯正治療を行っています。

当院の矯正で改善できること

出っ歯

出っ歯

受け口

受け口

叢生

叢生

開咬

開咬

すきっ歯

すきっ歯

理想の笑顔と噛み合わせを考えた矯正治療で心も体も健康に

当院の矯正歯科が選ばれる6つの理由

①精密な診断

当院には、矯正治療には欠かせない画像検査であるセファログラムや歯並びの改善シミュレーションが行えるiTero(3Dスキャナー)など様々な最新医療機器を取り揃えており、精密な矯正診断が可能です。

CTスキャン
iTero

②的確な設計

インビザラインプロバイダー認定医の院長 小林賢広をはじめ、年間症例数151症例以上のダイヤモンドプロバイダー認定医、
日本矯正歯科学会所属の矯正認定医が携わり、症例検討を行った上で、設計・監修を行なっております。

インビザラインプロバイダーのピラミッド

③丁寧なカウンセリング

当院ではお一人お一人に満足いく治療をご提案するためにカウンセリングに力を入れております。
患者様のお悩みやご希望をしっかりと把握して上で最善の治療をご提案し、納得のいく治療を提供させていただいております。

④通いやすい診療時間

当院は、平日(月曜日~金曜日)、土日も診療を行っております。
また診療時間も、平日は21時までとなっており、お忙しい方でもお仕事終わりに通いやすくなっております。

⑤歯科医師、歯科衛生士も矯正治療の経験あり

当院では、ワイヤー矯正・マウスピース矯正共に経験のある歯科医師、歯科衛生士が在籍しており、実際に矯正を行なっていくうえでの不安や疑問点などがありましたらお気軽にご相談していただけます。

⑥事前に歯並びのシミュレーションを確認可能

当院では、インビザライン専用のソフトウェア【クリンチェック】を導入しております。
【クリンチェック】では、歯並びが綺麗になっていく様子や綺麗になるまでの期間をシミュレーション動画で確認できるため、矯正治療中のイメージができ、不安なく矯正治療がスタートできます。

口腔内のイラスト

歯並びのシミュレーションを見る

当院では以下の矯正治療を取り扱っております

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正(インビザライン)は、透明で目立たず、取り外しも可能です。
口腔内のセルフケアもしやすく矯正治療中のむし歯や歯周病のリスクを減らせます。

View More

ワイヤー矯正

ほぼ全ての不正咬合に対応できるワイヤー矯正では、歯を精密に移動させることができ、見た目も噛み合わせも、十分な仕上がりにすることが可能です。目立ちにくいブラケットもあります。

View More

小児矯正

お子様の矯正は早い段階で行うことで口腔内の筋肉のバランスの改善、悪習癖が改善され、将来的に矯正が必要にならなかったり、必要な場合、抜歯する必要がなくなったり、期間の短縮が可能です。

View More

矯正治療専門のスペシャリストによる精密で目立たない矯正治療が評判です

マウスピース矯正

インビザライン

当院のインビザライン矯正は、インビザラインプロバイダー認定医の院長 小林賢広をはじめ、年間症例数151症例以上のダイヤモンドプロバイダー認定医、日本矯正歯科学会所属の矯正認定医が携わり、症例検討を行った上で、設計・治療を行なっております。

インビザラインプロバイダーのピラミッド

マウスピース矯正のメリット

  • 透明で外から見えにくいので、目立たずに矯正治療が行えます。
  • 過度な力がかからないため痛みや違和感が少なく、ストレスなく治療が行えます。
  • 取り外しができるので、食事や歯みがきは今まで通りにでき、歯を清潔に保つことができます。
  • プラスチック製のため金属アレルギーの心配がなく、また金具が当たって口腔内が傷つくようなこともありません。
マウスピースと口元

マウスピース矯正の流れ

マウスピース矯正を行う時の治療の手順をご説明します。

◯精密検査

レントゲン撮影を含む口腔内の検査を行い、マウスピースでの歯列矯正が行なえるかどうかを診断します。

下向きやじるし
◯歯型採取とシミュレーション
歯型採取

iTero(3Dスキャナー)で口腔内をスキャンし、3次元のデジタルデータ化して、コンピューターで歯の動きをシミュレートします。
どのように歯を動かし、最終的にどんな歯並びになるか、医師が綿密な治療計画を立てます。

口腔内のイラスト

コンピューターを使ったシミュレーション(クリンチェック)

下向きやじるし
◯アライナー(マウスピース)の作成

治療計画をご説明し、ご了解が頂ければ一度に、段階ごとの複数のアライナー(マウスピース)を作成します。

マウスピース
下向きやじるし
◯マウスピース矯正の開始……1年~2年半程度
  1. 最初のアライナーを装着し、矯正治療を開始します。
    食事をする時以外、1日20時間以上装着していただきます。
  2. 10日ごとに次の段階のアライナーに交換し、徐々に歯並びを動かしていきます。
    一度に複数のアライナーを作成していますので、計画通りに治療するために、アライナーは必ず確実に装着してください。
  3. 矯正治療期間中は、1~3か月ごとに来院していただきます。
    歯並びや噛み合わせの状態、口腔内の衛生状況をチェックし、必要な処置を行います。
下向きやじるし
◯保定

治療が終了した後は、整った歯並びを安定させ後戻りがしないよう保定を行います。

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正

両顎 480,000~970,000円(税込)
調整料 5,500/回

※症例によって治療期間が変わりますので、詳しい費用については治療開始時にご説明します。

※矯正治療は自費診療です。

ワイヤー矯正

当院のワイヤー矯正は、透明なブラケット、白いワイヤーを使用し、目立ちにくい矯正を行なっております。
また、当院のワイヤー矯正は、日本矯正歯科学会認定の矯正認定医が行います。
矯正は“治療を行う医師選びが重要”です。治療のゴールをどこに設定するかも、矯正医ごとに違います。当院では、丁寧なカウンセリング、的確な設計を行い、患者様に”最高の笑顔”をご提供致します。

ワイヤー矯正の模型

ワイヤー修正の費用

治療費

カウンセリング 無料
検査・診断 30,000円
治療が必要な場合 保険適応
矯正装置装着 700,000円~
調整料 5,500円×治療期間(毎月1回通院)

※詳しい費用につきましては、治療開始時にご説明いたします。

ワイヤー矯正の治療期間

抜歯ケースで約2年〜2年半、非抜歯ケースで約1年〜1年半が目安
※症例や状態によって前後します。

ワイヤー矯正治療における副作用・リスク

  • 矯正装置を装着することにより審美面への影響がある
  • 矯正を始めた当初は痛みや発音への違和感がある場合がある
  • 歯根吸収や歯肉が退縮する場合がある。
  • 矯正装置が付いていると歯磨きしにくいため、むし歯に注意が必要になる

小児矯正

小児矯正治療は、正しくきれいな永久歯列を作るということが最終目的です。
混合歯列期~乳歯列期からの小児矯正治療は、今後の成長発育からの影響を大きく受けるため、早めに歯科受診を行い、正しいタイミングで始めることが大切です。

なぜ小児矯正をすべきなのか?

1)上あごと下あごの成長をコントロールし、バランスを整えることができる

出っ歯や受け口は、上あごと下あごの位置や成長のバランスがズレていることにより生じていることが多いです。
上あごと下あごの位置関係のズレがあるお子様の場合、あごの成長をコントロールすることにより、上顎と下顎の位置やバランスといった骨格的なズレを改善することが可能となります。

2)虫歯や歯周病になるリスクを軽減することができる

歯が並ぶことで凸凹が減り、歯磨きがしやすくなります。
歯磨きがしやすくなることで磨き残しが減り、虫歯や歯周病のリスクが下がります。また、かみ合わせがよくなることで歯に無理な負担をかけることも少なくなり、将来的に多くの歯を残すことにつながります。

3)歯を抜かずに治療ができる可能性がある

あごが小さいお子さまの場合はあごの幅を広げたり、奥歯の位置が前にある場合は後ろに下げたりすることによって、永久歯の並ぶスペースを作ることができます。
これにより、健康な歯の抜歯の可能性を減らすことができます。

4)子供のうちに悪習癖を改善することができる

お口によくない癖を早期発見することで、顎の骨や歯並び、噛み合わせの正常な発育を促すことができます。
方法としては筋機能訓練によりお口とその周りの筋肉や舌のトレーニングを行うことで改善します。子どものうちに正しいお口や舌の機能を習得することで、その後の矯正治療の後戻りを予防することができます。

5)お口の中の管理ができる

お子様のうちから矯正治療に定期的に来院していただくことで、歯科医師によりお口のチェックを定期的に受けれることから、虫歯の予防や虫歯の治療も早期の段階で行うことができます。
また、それぞれのお子さまのお口や装置に合わせた歯磨き指導を受けることで、しっかりとした歯磨きの習慣を身につけることができます。

予防矯正

子どもの歯並び矯正法”プレオルソ”を導入しています。

プレオルソ

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)は、永久歯に生え変わっていない5才~10才、骨の軟らかい時期のお子様に行うマウスピースを使った歯ならび矯正法です。
お子様への負担と治療費を最小限に抑える事が出来ます。
全ての歯が永久歯に生え変わる前に始めることで、口周りの筋肉と舌を鍛え健康的な歯並びと口元を目指します。
本格的に成人矯正の前に試すことで、治療期間の短縮や費用を抑えられたり、歯を抜かなくても良いといった様々なメリットがあります。
将来的に本格矯正を希望される場合でも、後戻りを防ぐ可能性が高くなります。また、口呼吸から鼻呼吸へ促す効果も期待できます。
装着時間は家に居る間の1時間と寝ている間で十分なのでお子様の負担も少ないです。

子供向けインビザライン

1期矯正:6歳からのマウスピース矯正【インビザライン・ファースト】

混合歯列期(生え変わり時期)のお子さま用のマウスピース矯正です。オーダーメイドの透明で目立ちにくいマウスピースを1~2週間ごとに交換して歯並びを整えます。
目立たず、気づかれにくいのが大きな特長です。マウスピースは、基本的にはお食事と歯みがきの時以外は装着します。取りはずせますので、お食事や歯みがきは、今まで通り行う事ができます。
インビザライン・ファーストでは「顎の大きさを広げる」と「1つ1つの歯を動かして、歯をきれいに並べる」を同時に行うことができます。

インビザライン・ファーストの適応年齢

一般的には、6~10歳が適応年齢ですが、実際には身体年齢ではなく生え変わりの状態によって適応時期が決まっています。大まかな適応時期は「6歳臼歯と前歯が2/3出ている」状態です。
正確には、下記1~3すべての条件が必要です。

  1. 第一大臼歯(6歳臼歯・前から6番目の歯)が萌出している
  2. 切歯(前歯)のうち少なくとも2歯が2/3以上萌出している
  3. 少なくとも3/4顎に乳歯(C、D、E)または未萌出の永久歯 (3、4、5)が2歯以上ある

また、インビザラインファーストは、治療期間が決まっています。最大で18か月です。その後、永久歯が生え揃うまでリテーナーを装着しながら経過観察を行い、必要に応じて成人矯正・インビザラインを行います。
もちろん、1期治療(インビザラインファースト)のみで終了する場合もあります。
顎の大きさが十分に広がっている場合、本来抜歯が必要だった歯並びのお子様でも抜歯の必要がなくなり、その分第2治療の期間も短く費用も抑えることができる可能性があります。
第1期治療で歯並びがキレイに整えられていれば歯科医の判断で第2期治療が必要なくなることもあるのです。

2期矯正:お子様のためのインビザライン矯正

2期治療(12〜18歳くらいまで)とは、永久歯に生え揃ったお子さま、主に中学生から高校生のお子さまが対象の矯正治療です。
永久歯に生え揃った方が対象ということは、大人の方の矯正治療と同じということです。
第二期治療ではワイヤーとブラケットを使用し、歯並び、噛み合わせ、見た目の美しさを総合的にバランスのとれた歯列に整えていきます。

子供向けのインビザラインのメリット

インビザライン最大のメリットが、透明な矯正装置で目立ちづらく、自分で着脱できるといった、矯正期間中の審美性と清掃性の高さにあります。

①装置が透明で目立ちにくい
インビザラインに使用するマウスピースは、透明で目立ちにくいのが特徴です。
またマウスピースを維持するため、特定の歯にしっかりと矯正力をかけるためにアタッチメントというプラスチックの出っ張りを歯面上に付与しますが、これも歯の色に近似しています。
よって矯正治療中に審美的な障害を感じることは少ないです。
②可綴式(取り外し可能)なので清掃しやすい
インビザラインでは着け外し可能なマウスピースを使用するため、口腔内を清掃しやすいのが特徴です。
従来のワイヤー矯正では固定式の矯正装置のため、ワイヤーと歯面との間にプラークが付着しやすく、清掃もワイヤーが邪魔になり困難でした。
マウスピース自体は使用していると劣化および着色をしていきますが、インビザラインで使用するマウスピースは使用開始して2週間前後で新しいマウスピースに移行するため、そこまで気にする必要はありません。
③矯正後のシミュレーションを視覚化できる
インビザラインで使用するマウスピースの型取りは、従来の粘土のような材料を使用した型取りだけでなく、光学印象というデジタルカメラでの型取りが可能です。
型取りした歯列はクリンチェックというシミュレーションソフトにかけられ、歯科医師がオーダーした指示を反映させ、歯の動きをシミュレーションしていきます。これによって矯正後の歯列を可視化することができるため、イメージしやすいです。
④金属アレルギーの患者さんにも使用できる
インビザラインでの矯正は装置に金属を全く使用しません。よって金属アレルギーの患者さんにも適応できます。ただし、インビザラインとワイヤー矯正を併用しなければいけないケースもあるので注意が必要です。
⑤矯正による制限がない
ワイヤー矯正を行うとバスケやサッカーなど身体がぶつかり合うスポーツやトランペットなどの金管楽器が演奏できないといった制限ができてしまいますがマウスピース矯正であればそのような制限がないため、お子様が自由に部活動や趣味を選択することが可能です。

ワイヤー矯正

目立ちにくい透明のブラケットを使用した矯正装置です。ワイヤーが白いものなどもございます。
様々な症例に適しております。マウスピースの管理が難しいお子様などにおすすめです。

お子様の歯に注意が必要な時期

最も注意が必要な時期が、乳歯から永久歯へと生え変わる時期です。生え始めた永久歯に不安な部分を感じられた際にはお早めに当院までご相談ください。

  • 【診療時間】
    平日 10時00分~14時30分
    15時30分~21時00分
    土日 11時00分~17時00分

    ※祝日のみ休診

  • 医院名:赤坂バンデ歯科・矯正歯科
  • 住所:〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目13−6 国際天野ビル 2階A
  • TEL:03-6441-3419